The Asian Pacific Association for the Study of the Liver [APASL]

アジア太平洋肝臓学会
(APASL: The Asian Pacific Association for the Study of the Liver)

【沿革と概要】

アジア太平洋肝臓学会(APASL)は、肝臓病学における先端的研究の国際的な交流と、肝臓病学の知識と技術をアジア各国に普及する目的で、1978年8月にDr. K Okuda、Dr. L Powellらにより創設された、アジア太平洋地域におけるアジア最大の肝臓学会です。当初は、2年に1回、参加者数百名の総会開催を主な活動としていました。現在は、約3500~5000名前後の参加者が集う年1度の総会(Annual Meeting)と、教育的要素を加味した年に3~5回開催のSingle Topic Conference (STC)(参加者数約400~1500名)をアジア各地で開催し、最新情報の交換をしています。

学会誌「Hepatology International」はSpringer社から刊行しており、APASL会員のOnline購読は無料となっております。

本部事務局(APASL Secretariat)は東京に所在し、APASLウェブサイト(www.apasl.info)及びE-Newsを通じて、情報の発信を行っています。

世界の75%の肝臓患者はアジアに存在すると言われています。そこに根拠を置くAPASLは、米国肝臓病学会(AASLD)、欧州肝臓学会(EASL)等とともに、世界の肝疾患の治療及び研究を担う学術団体として、日々活動しています。


【学術集会のご案内】

2020年には日本国内で以下のAPASL 学会が開催されます。多数の演題ご提出とご参加をお待ちしております。

アジア太平洋肝臓学会(APASL)シングルトピックカンファレンス大阪
会期: 2020年9月24日(木)~26日(土)
会場: ヒルトン大阪
会長: 河田 則文(大阪市立大学大学院医学研究科肝胆膵病態内科学 教授)
URL: http://www.apaslstc-osaka2020.org
アジア太平洋肝臓学会(APASL)Oncology 2020
会期: 2020年12月17日(木)~19日(土)
会場: ザ・プリンスパークタワー東京
会長: 森山 光彦(日本大学医学部消化器・肝臓内科 主任教授)
URL: http://www.apasl2020oncology.org

その他のAPASL学会開催予定については、以下URLのFuture Meetings of APASLのページをご参照ください。
http://apasl.info/conf/future-meetings/


【APASL会員の特典】

  • 各APASL Annual Meeting、Single Topic Conferenceの登録料が割引となります。
  • 学会誌Hepatology Internationalがオンラインで無料購読頂けます(更に冊子の配達をご希望の方は、年間100米ドルの冊子購読料をお支払頂くことで配布されます)。
  • 会報(EmailによるNewsletter)その他関連するご連絡が届きます。
  • 3年以上会員の方は、Annual Meeting、Single Topic Conference、その他APASL関連学会の主催者となる資格が得られます。

【APASLご入会方法】

ご入会方法は以下の通りです。

  • 以下のオンライン入会申込みフォームにアクセスし、ご入力ください。
    https://apasl.info/member/app.php
  • 入力内容をご確認後、Submissionボタンを押し送信してください。
  • 年会費は100米ドルとなっております。
  • お支払方法は、クレジットカードまたは銀行振込みにて承ります。
  • クレジットカード(ビザ・マスター・アメックス・JCBのいずれか)でお支払の場合は、入会申込みフォームにカード情報をご入力ください。
  • 銀行振込みでお支払の場合は、入会申込みフォームの銀行振込み(Bank Transfer)にチェックされ、お支払当日の換算レートで100米ドル相当額を日本円にて以下の指定口座までお振込みください。なお、お振込みはお申込者様ご自身の氏名にてお願い致します。
    <APASL会費お振込先口座>
    振込先銀行名:三菱東京UFJ銀行
    支店名:新宿支店  普通預金
    口座名:特定非営利活動法人アジア太平洋肝臓病会議(APASL)
    口座番号:0028011
  • ご入金確認後、事務局より領収書とID番号・会員証がEmail添付にて送信されます。

【APASL学会誌Hepatology International】

APASLの学会誌Hepatology Internationalは2007年に創刊され、APASL Annual Meeting abstracts、original and review articles、APASL guidelinesが掲載されている、急成長を遂げた学会誌です。2018年のインパクトファクターは5.49となっており、以後更に上昇する見込みです。


【APASL Awardのご案内】

APASLでは年に1度APASL Awardの選定・表彰を行っております。

次回のAPASL2020年総会(2020年3月4日~8日インドネシア バリ島にて開催予定)において、第2回のAPASL Award受賞者が発表されます。奮ってご応募ください。

第2回APASL Awardは以下を予定しております。
  • 1)2nd APASL Okuda-Omata Distinguished Award
  • 2)2nd APASL Powell-Sarin Lifetime Achievement Award
  • 3)2nd APASL Lesmana-Sollano Great Mentor Award
  • 4)2nd APASL Rising Star Award
お申込み方法:

詳細のご案内・お申込み用紙は以下URLよりダウンロ―ド頂けます(MS Wordファイル)。

英文略歴を添えてAPASL事務局までご提出の上ご応募ください。
http://apasl.info/apasl/docs_word/applicationform-apaslaward20190508.docx

第2回APASL Awardお申込み締切日:2019年9月30日(月)

ご不明な点がございましたら以下事務局までお気軽にお尋ねください。

アジア太平洋肝臓学会事務局(APASL Secretariat-Tokyo)
Tel: 03-5312-7686 Fax: 03-5312-7687
Email: apasl_secretariat@apasl.info